<< 思い出の場所 デカイのに >>

三連休

いやー楽しかった♪
今回の帰郷は慌しく、濃い3日でした006.gif

13日の14時に新大阪着♪
まずは大阪の姉さん的存在の「心友」と待ち合わせをしている
天王寺へGO-!!
姉さんの娘さんとそのまた娘さん(姉さんのお孫ちゃん)も一緒に改札で待っていてくれ
笑顔の再会!!
姉さんとは昨年の9月に帰った時に会いましたが娘のMちゃんとは5年ぶり
その間に結婚、出産素敵なママになっていました。
遅いランチをしながらお孫ちゃんを中心に盛り上がりあっという間に17時059.gif
次の予定があったので、姉さんとは翌日また会う約束をして実家へ~

18時過ぎ実家着
この日は30年ぶりのプチ同窓会があるので、ご飯はいらないから~と言ってたので
「お風呂沸かしてるから汗流しなさいな♪」と何かしらお世話をして待ってていてくれる両親
ありがたいなー
でもお風呂入ってる間がないので、荷物を置いて、
さっとシャワーだけし
今度は待ち合わせの岸和田駅へ
ちょいと早く到着042.gif
この時期祭り前ということで寄り合いがあるB君は少し遅れて来るとのことで
Iちゃんがどっからどんな風に現れるかとキョロキョロして待ってると。。。

「おおーッス!!」

でたー(笑)

チャリンコでなんかめちゃくちゃ笑いながらの登場&30年ぶり再会ー024.gif

「ぜぇ~んぜん変わってないのぉ~遠くからでもすぐにわかったよ~
いや~背ぇ高ぁ~て細っそ~いひょろひょろ~っとしてたんが
歳いって どんだけゴッつぅ~なってるかと思てたんやけどやぁ~
懐かしい~よぉ~」

文字にするとわかりにくいけど独特の岸和田弁というかイントネーションが
懐かしい(笑)
チャリンコでくるくるあたしの周りを笑いまくって回る様子が
学生時代のIちゃんそのまんま(爆)
そういうIちゃんもええおっちゃんになってはいるけど
全然変わってない
当時ロン毛のサーファー少年は短髪に

行きつけの炉端料理のお店に連れて行ってくれ
懐かしい話で盛り上がる盛り上がる
そうしてる間にB君登場ー!!

「#*%#$*#・・・・」????

昔っから早口(爆)

なにに言うてんのかわからんままの30年ぶり再会037.gif 051.gif
なに?と言う間もなく
ついこの前も会ったかのようにフツーの会話が始まりました
これまたB君も全然変わってないし(笑)

ちょっと(いやものすごーい)おっさんになってるかも?と思ってたけど
二人とも若い!!
そんでもって身長182cm と183cmに挟まれちっちゃくなった気分で
なにげに嬉しい♪

1件目のお店がラストオ―ダ―になり
場所を変えようと次に連れて行ってくれたのは
同じ学校だった一個年下の子がマスターをしている今風のオサレなバ―
若い子でいっぱいだったけど
そんな中でも30年振り3バカトリオは懐かしいあの頃の話や
それぞれの30年を語り合いました

気がつけば夜もふけて日付も変わり
「せっかく実家に帰って来たのに
おやっさん、かーちゃん心配させたらあかんあかん~」「また次回や~」
話は尽きないけれどお開きに

タクシー乗り帰るのを見送ってくれるIちゃんに
じゃ、ハグね!(ハグ好きかー)と別れを惜しんだその瞬間

「おまえ、○○全然ないのぉ~ いっこもあたらんかったわぁ~(爆)」

「30年振り再会の締めがそれかよ(怒)ーーーーー!!!!」

と言いながらまたまた大爆笑してバイバイしました。

この歳になり(どの歳やねん?)しかもあたしは地元を離れ神奈川に
まさかまさか会えるとは思いもしなかった同級生
人生何があるかわかりません
また次回3バカトリオのしゃべくりまんざい楽しみにしてるでぇーー041.gif

c0211033_00403.jpg














「懐かしいええ酒飲ましてもろたわー」
いやいや、こちらがごちそうしてもらったのに...

翌日Iちゃんから嬉しいメールが届き 神戸に向かった2日目以降は次回~
[PR]
by mikibocchi519 | 2013-07-16 00:30 | life | Comments(2)
Commented by noro2happy at 2013-07-16 20:20
もう、もう、もう、楽しそうなご様子が目に浮かびますよ。
mikibocchiさん、とっても可愛い。

良かったですね~変わらぬ男子たちで(^^♪
モザイクのせいか(せいか?)スタイルもしゃべくりもイケてるメンズたちではないですか。
読んでる方までニンマリ微笑んでしまう楽しいブログでした。
Commented by mikibocchi519 at 2013-07-16 22:43
noro2happyさん♪
同級生ってほんといいもんですねー☆
ひょろひょろだったあたしのこと当時「ネギー」とか言うてからかってた奴ら「そういえばショウガって奴おったのおぼえてるか?」って 冷奴しか浮かばんし(笑)

私の言葉の端々に「〜でね」「〜でさぁ」ってところが「なんか変わったのぉ〜」と言われ、今も関西弁がまったく抜けないし周りにも面白がられてるけどジモティ君たちには「標準語まじりの関西弁」に聞こえたようです。地元での会話だからコテコテのジモティ語、周りも違和感全くなしですが もし逆に彼らがこっちに出て来ての会話だったとしたら…コワッ。
そ、そ、本文でおもわず◯◯と伏せた締めの言葉なんやと思います?
「ちち」…こっちだと「ムネ」ですよねー(爆)


<< 思い出の場所 デカイのに >>